ファーマシーズとは

東洋医学の養生法「食養」と「漢方」の出会い

※「FARMACY’S」は「Farm(農場)」と「Pharmacy(薬局)」を掛け合わせた造語で「自然の薬局」
意味しています。

◆健康の基本「食養生」

日本では春夏秋冬の変わりゆく季節とともに「桜」「新緑」「紅葉」「落ち葉」そして「芽吹き」と美しい景色が
見られます。季節ごとに「まったく表情の異なる自然」を持つ四季が存在する国は、世界的に見てもとても
珍しいのだそう。

しかし同時に「湿気」や「猛暑」「乾燥」「寒さ」など、気候の変化もとても激しく、私たちの身体はその変化に
ついていけず、不調をきたすことも少なくありません。

そんな時、先人たちが古来より自然と行ってきたこと、それがその季節に旬のものを食すこと「食養生」です。

「旬」のものには、その時期に起こりやすい体調不良をカバーする効能が備わっているとされております。
先人たちは食材が持つその効能を「食事」と言う日々の何気ない行為で取り入れることで、自らの体の
自然治癒力を高め、今よりずっとナチュラルに、そして賢く健康管理をはかっていたのです。

◆古代から人類が健康の為に利用してきた植物、大地の恵みメディカルハーブ。

メディカルハーブ(生薬)とは「漢方薬」を処方するときに用いる鉱物や動植物のこと。
一般的に「漢方」というと「カラダには良さそうだけど、苦そうだし、なんだか敷居が高い」というネガティブな
イメージを持たれていますが、実は「漢方」も元を辿れば「食事」で「養生」をはかる「食養のひとつ」なのです。

FARMACY’Sでは、この「食養」という考え方を根本に据え、旬の野菜や果物、そしてそれらの効能と相性の良い「生薬」「漢方」を組合わせドリンクにして提供しております。
「漢方」をドリンクという手にとりやすい形で提供することで、そのパワーと存在をこれまでよりも身近に感じて
もらい、人々に健康でより心豊かな毎日を過ごしていただきたいと願っております。